学びと成長(スキルアップ)

新入生対象講座

パソコン活用講座大学生活応援塾とは…

大学生活では、授業でのレポート課題や実験のデータ処理、卒業論文の制作や発表、就活でのメールのやり取り等、様々な場面でパソコンを使用する機会が多くなります。その一方で、最近はスマートフォンやタブレットの普及が進み、キーボードやマウスの操作よりもフリックやタップに慣れている若者が増えてきています。こうした状況から、新入生のみなさんがパソコンの使い方に困ることなく、充実した大学生活を送っていただけるようこの講座を開講しています。 弘前大学生協では、大学卒業後もパソコンをしっかり使いこなせる人材を輩出できるよう支援しています。

講座内容

大学生活応援塾は、新入生を対象として毎年5月〜6月の平日に開講しています。月曜日〜金曜日の4コマ、5コマ、放課後の全15クラスあり、週1回80分、全8回の内容で開講しています。講座の内容は、Word、Excel、PowerPoint等のMicrosoft Officeの基本的な使い方からレポート作成のコツ、プレゼンテーションのノウハウまで大学生活で必要なパソコンスキルを実践しながら学習しています。また、共同編集やメール、LINEやオンラインカレンダー等のアプリケーションなど、大学生活をもっと効率よく便利に過ごせるようなメディア活用についても学ぶことができます。講師やスタッフは全員、大学生活を経験している弘前大学生であり、自分たちの持つ知識や経験をふまえて新入生へ伝授しています。

くわしくはこちら


ACE(Active Campus English)とは…

英語での実用的なコミュニケーション力を身につけることを目的としています。 ACEは、講師がネイティブスピーカー!だから参考書には載っていない表現や活きた英語に触れられるのはもちろんのこと、英語だけではなくジェスチャーの活用(プレゼン発表での立ち居振る舞い)や海外の文化、英語を通して日本のことを知ることもできます。そして何よりもキャンパス内で自分の授業の空き時間に受講ができる!ACEは弘大生のためだけにつくられた講座です。

講座内容(開講期間 5月〜7月、10月〜1月 70分の講座×年20回)

ACEは週に1回70分のLessonで、前期10コマ・後期10コマ実施。それ以外に平日(月〜金曜)12:00〜12:30にフリートークTimeがあり、「週に1度のLessonだけではもの足りな〜い」「もっと英語を使いたい、もっと講師と話したい!」という受講生のための時間を設けています。このフリートークはACE受講生であれば誰でもクラス関係なく自由に参加することができます。
ACEのLessonは、『英語で話す』ことを大切にしているので、高校のときのような座学ではありません。動きのあるワークやグループワークや、自分達で考えて発言する場面もあります。
はじめは言葉が出て来ないこともあると思いますが、この講座を受講しながら、伝えようとすることが大切だということを学んでもらえたら嬉しいです。

くわしくはこちら


学びと体験・出発(たびだち)講座とは…

「学びと体験・出発(たびだち)講座」は、「自分らしさ再発見」をテーマに、卒業後社会に出る準備期間としての大学生活で、多くの経験・体験をしてもらいたいと2018年度からスタートした新入生向け講座です。

講座内容(開講期間 5月〜7月、10月〜12月、90分の講座×年17回)

弘前大学の上級生向けに行ったアンケートによると、「学生のうちにやっておいた方がいいと思うこと」のもっとも多い回答は、「コミュニケーションの練習」や「敬語・マナーについて」といった内容でした。「まなたび講座」は社会人マナーを楽しく学び、実際に社会人の方にインタビューをしたり、企業と一緒にプロモーション企画をつくるなど、受講生同士はもちろん大人と関わる機会を設けて、コミュニケーション力や様々なつながりも持てる講座になっています。 将来的にはこの講座をきっかけに、自分から積極的に興味ある世界に飛び込んでみたり、「大学生活アドバイザー」や「生協学生スタッフ」をはじめとする様々な場面を通して、経験の場が広がっていけばいいと考えています。

まなたびの特徴

講座を進める講師や運営スタッフ(まなスタ)は全員、「受講生をサポートしたい」「自分自身の経験も増やしたい」という熱を持った弘前大学生です。自分たちの持つ経験やスキルを活かして受講生を力強くサポートしています。

くわしくはこちら


1年生の夏。日本から一歩世界へ。オンラインで充実の3日間。同世代間の交流を通じて、さまざまな発見があります。

くわしくはこちら



学びと成長に戻る