弘前大学生協について

組織概要・沿革

弘前大学生協は、1963年2月に当時の学生と教職員が、「自分たちの大学生活をよりよいものにしたい」との願いから出資金を出し合い設立されました。
一人ひとりの生活の中から生まれた「願い」を、力を合わせ協同して実現するのが生活協同組合です。弘前大学生協の活動も50年以上の歴史の中で「願い」の実現に取組みつづけ、設立当時からは想像もできない規模に活動の幅が広がりました。

組織概要

【名  称】弘前大学生活協同組合
【創  立】1963年2月2日
【代表理事】理事長 山田史生(弘前大学教育学部教授)
上遠野泰(生協職員)
【役  員】教職員理事12名/学生理事15名/教職員監事2名/学生監事4名
【組合員数】9,271名(2021年2月28日現在)
【出 資 金】265,674千円(2021年2月28日現在)
【供 給 高】1,653,149千円(2020年度)
【事業年度】3月1日〜翌年2月末日

沿革

1961年生協設立準備委員会結成
1963年創立総会(2月2日)
弘前大学消費生活協同組合設立認可(4月)
第1回総代会
購買店舗設置
初年度組合員数1136名、供給高430万円
その後旧生協店舗・食堂を相次いで開設
1973年狂乱物価で寮店舗閉店
書籍の割引開始
創立10周年
1974年医学部会館竣工、1階に生協店舗新設
1976年大学会館竣工、購買部・書籍部・喫茶部の新店舗開設
1977年水害で医学部店舗浸水
1979年生協独自施設組合員センター竣工
1981年組合員センター1階を店舗化
1982年一言カードシステム開始
1985年旅行業・下宿アパート事業開始
1989年医療短大店開設
1996年文京食堂にて新学期セール開催(現在のサポートセンター)
1997年組合員センター店を閉店
2000年累積赤字3883万円
名称を「弘前大学生活協同組合」に変更
2001年累積赤字4800万円
第五次中期計画
店舗リニューアル始まる
2002年大学との共催による公務員試験対策講座を開始
2003年創立40周年
弘大生協の3つのミッションと5つのビジョン決定
2004年国立弘前大学が国立大学法人に大学から、アルバイト紹介・駐輪管理・弘大出版会の取次業務を受託
農場米を使用した「日本酒弘前大学」を開発
累積赤字解消
2005年ミールカード開始
大学生活応援塾開始
2006年キャンパスコンビニ「サリジェ」を生協資金で建設し、大学に寄付。
2007年大学会館店シェリア改装
2008年生協マンション「バーシティーハウス西が丘」完成
文京食堂改装し、弁当工房・パン工房・衛生設備整える
出張旅費精算・学険災取扱事務を大学より業務受託
組合員証のIC化と電子マネーPicoの開始
2009年英会話講座ACE開講
アパートの生協管理物件2000を超える
学内放置自転車リサイクル活動開始
ミッション&ビジョン2009とアクションプラン2013策定
メールマガジン・あっぷれす(教職員向け広報誌)開始
2010年生協寄付講座「読書論」開講
2011年東日本大震災
入学式4月27日実施
2012年電子マネーPicoの新入生事前加金制開始
教科書購入サイトText-itの開始
2013年創立50周年、「弁当の日」500人以上の参加で開催
学生総合共済の新入生加入率が90%を超える
医学部会館店フェリオを改装
2014年生協所有アパート「バーシティハウス川端」建設
文京食堂ホレスト・スコーラム・医学部食堂ポム 改装
ホレスト西側ホールにエアコンを寄附
学生組合員向けLPガス事業を開始
2015年保健学科店クローバー改装
第1回「弘前大学と弘前大学生協の交流会」開催
2016年大学学部改組により入学定員60名減少へ(4年間で240名)
食堂(全店)のごはんを北海道産米から青森県産米へ変更
2017年オリジナル弁当の温蔵販売開始
文京食堂ホレストの西側ホール内装をリニューアルして大学へ寄附
組合員センター大規模改修を実施(本部経理・旅費精算・学生組織)
2018年中四国地区に学んで「学びと体験・出発講座」を開始
アクションプラン2022(第8次中期計画)策定
生協所有アパート「バーシティハイツ新寺町」建設
2019年医学部新入生へ「新しい学び方」提案を開始
弘前大学へ300万円の寄附を実施し「弘前大学生活協同組合学生支援金給付事業」が開始された
2020年新型コロナウイルス感染拡大
大学前期をリモート授業へ 店舗利用者半減
2020年度決算は事業剰余で5,000万円を超える赤字へ
全新入生に「新しい学び方」提案を実施
第8.5次中期計画検討開始

弘前大学生協50周年記念誌

組合員数と供給高の推移
組合員数と供給高の推移


弘前大学生協についてに戻る