組合員の皆様へ

学生総合共済・火災共済の3月の給付実績

2017年度3月時点での加入者総数は次の通りでした。

<加入状況>※2018年3月28日

生命共済

  • 2017年加入者数:5,518

火災共済

  • 2017年加入者数:4,535

3月の給付状況は次の通りでした。

3月単月(右の欄は昨年の実績です)

単位:円

  2017年度 2016年度
内容 給付件数 金額 給付件数 金額
病気入院8560,0008450,000
病気手術5250,0003150,000
事故入院120,000150,000
事故手術2100,0002100,000
事故通院・固定具13510,000241,032,000
後遺障害0000
本人死亡0000
加入者本人計291,440,000381,782,000
扶養者死亡002300,000
火災・借家人賠償5229,82400
盗難0000
火災計5229,824143,200
合計341,669,824402,082,000

4〜3月累計

(右の欄は昨年の実績です)

単位:円

  2017年度 2016年度
内容 給付件数 金額 給付件数 金額
病気入院635,270,000656,200,000
病気手術331,700,000231,200,000
事故入院11990,000212,220,000
事故手術15750,000251,250,000
事故通院・固定具1566,212,0002157,936,000
後遺障害0026,600,000
本人死亡22,000,00000
加入者本人計28016,922,00035125,406,000
扶養者死亡81,600,000202,800,000
火災・借家人賠償111,408,5366325,299
盗難6112,514110,800
火災計171,521,0507336,099
合計30520,043,05037828,542,099

今月の弘大生の給付事例から…

  1. 自動車に同乗中、軽トラックが信号無視により追突された。首から肩にかけて打撲。通院5日
  2. 左眼の下瞼の辺りに膨らみを感じた。粉瘤。手術1回
  3. 水抜きを忘れシャワー下の水道管が凍結いて破裂した。階下へも水漏れした。被害顎:¥84,240

今月は卒業される方の給付の申請が多くみられました。また今季の冬は少雪でしたが気温が低い日が多く、水道管や給湯器が破損する給付申請がありました。凍結・破裂により自室だけでなく、階下へ被害が及ぶ案件もあり学生賠償責任保険が関わるものもありました。

*

共済に戻る